« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月24日 (月)

門川ありがとうございました!

門川ありがとうございました!
門川公演、終了しました。

ご来場の皆さま、ありがとうございました!

また、門川ふるさと文化財団の皆さま、門川!こふく劇場の皆さま、ご協力頂いた皆さま、本当にありがとうございました。

みんなで食事をして、準備をして、公演をして、食事をして…。
もちろん公演のために行っていたのだけど、劇場で門川の皆さんと生活をしていたみたいな感覚で、体も心も満たされて帰って来ました。

全6箇所ツアーも、前半3箇所終了です。
後半3箇所も、その日できることを確実に、でも少しでもよくなるように、丁寧に、作っていきたいと思います。

門川の皆さん、本当にありがとうございました。
行ってきます!

大浦

2012年9月23日 (日)

門川千秋楽!

門川千秋楽!
昨夜、「2」の門川公演無事に終わりました。

ご来場の皆さまありがとうございました!

今日も午後からは「3」の本番です。

ただいまお昼休憩中です。
リフレッシュして本番に備えます。

↑門川の会館はすぐ隣が海です!

2012年9月22日 (土)

ジャージャー麺

ジャージャー麺
今日も朝から「3」場当たりしてます。

午後からは「3」ゲネです。

その前に!
みんな楽しみご飯休憩〜☆
本日のお昼は、門川こふく劇場の岩切さん作のジャージャー麺とサラダです。
お腹も心もとても満たされました。
ごちそうさまでした!

門川公演初日、午後からもがんばります。

大浦

2012年9月21日 (金)

門川!

門川!
昨日より小屋入りしています。

昨夜は、財団の櫻川さんおすすめの焼肉屋さんにて、もりもり肉を食べました。
とても美味しかったです!

今日もがっつり食べますよー!
エネルギ〜〜〜

午後からも場当たりです。

2012年9月19日 (水)

アフタートーク特集!!

こんばんはーーーー!
なんか風も冷たくなってきて秋の予感です♪

早速風邪気味ですよ、はい。
寝冷えです、たぶん。

みなさんも、お腹出して寝ちゃったりとかなんたりとか、
お気を付け下さいませ。

さてさて、今回は水をめぐるツアー門川公演、東京公演の
アフタートークについてお知らせでございます。

まずは、門川公演

9月22日(土)19:00〜の回
市民劇団「門川!こふく劇場」の代表、岩切義樹さんと
永山智行によるアフタートーク!

9月23日(日)14:00〜の回
水をめぐるキャスト4名と永山智行によるアフタートーク!
全員集合っっ!

なおなお!
門川公演セット券の販売終了日は明後日、
9月21日(金)となります!

お買い忘れ、ございませんか?
ご予約・ご購入は、どうぞお早目に♪


続きまして、東京公演

10月11日(火)19:30〜の回
永山智行によるアフタートーク!
ソロです。

10月14日(日)19:00〜の回
青☆組主宰、劇作家、演出家、俳優、として活動されている、吉田小夏さんと
永山智行によるアフタートーク!

どの回のアフタートークでも、水をめぐるワールドが深まること間違いなしです!
ぜひぜひ
お見逃しなく♪

門川公演、東京公演
そして
いわき公演、広島公演

ご予約絶賛承り中でございます。

どうぞどうぞ
よろしくお願いいたします。


紗佑里
Goya

↑今日の稽古場一押しスポット

2012年9月15日 (土)

栗ご飯

栗ご飯
をあべちゃんがおにぎりにしてきてくれました↑

季節のものを食べられてしあわせです。

今日の稽古も「3」でした。
また少し台詞の変更がありました。
名前、ってとてもとても大切なものだなぁと、改めて感じたのでした。

大浦

2012年9月13日 (木)

布。

布。
福岡公演も無事に終わり、今度は門川公演に向けての稽古が始まりました。

「水をめぐる」シリーズの舞台に欠かせないこの藍染めの布。
野尻町に住んでらっしゃる藍染め職人の藤井貴里彦さんの作品です。

舞台美術として飾っているのは勿論、2では衣裳に使っていたり、3では川になったりと、ふんだんに使わせてもらっています。

藤井さんの出す色は、柔らかい。
ご本人の人柄が滲み出ています。

藤井さんは、童話も書かれていて、こふく劇場が小学校公演で廻っている「カチカチリンカリンカ」の作者さんでもあります。

もう、お世話になりっぱなしの藤井さん。
みんな大好き藤井さん。


あべゆう

2012年9月11日 (火)

福岡公演ありがとうございました!

福岡公演、無事に終了しました。

ご来場の皆さま、ありがとうございました。

福岡市文化芸術振興財団の皆さまをはじめ、福岡公演にご協力頂いたすべての皆さま、本当にありがとうございました。
今回のツアー最初の県外公演、あたたかく迎えて頂き、とても心強かったです。
ありがとうございました!

次は三股と並ぶ、こふくのホーム、門川です。
あと10日間。大切に作品を育てて、持っていきます。

大浦

2012年9月 8日 (土)

「2」終わりました!

「2」終わりました!
「水をめぐる2」福岡公演、終わりました。
ご来場の皆さま、ありがとうございました!

夜からは、「水をめぐる3」です。

まだまだいきますよー!!

↑福岡でもケータリングが充実してます。制作チームの皆さん、ありがとうございます!
ほら、はまさんもこの表情!

大浦

2012年9月 5日 (水)

小屋入りしました

小屋入りしました
福岡小屋入りしました。

照明の工藤さんが、照明とは何かを語ってくださっています。

大浦

ふくおか。

ふくおか。
仕込んでます。
ただ今、休憩中。

みんな晩ごはん食べてお腹いっぱいでゴロゴロしてます。

夜もがんばるっ

あべゆう

出発

出発
福岡に向けて出発しました。

荷物を乗せた永山号、ユニークブレーン号、人を乗せた田尻さん号で向かいます。

ただいま田尻さん号は宮原にて休憩中です。

大浦

2012年9月 3日 (月)

アンケート

アンケート
お疲れ様です。
大浦です。

今回は、三股公演で記入して頂いたアンケートより、一部をご紹介します。


「水をめぐる2」
・文体を体現しているような舞台でした。工芸品の質感があって、工芸品はそのときそのときの時代のチャレンジであるので、不思議な開放感がありました。

・強い気持ちが伝わってきて、苦しかった。でも、あんなに誰かのことを想って、想われて素敵だと思った。足踏みで伝わってくる振動が、演劇の世界に引き込んでくれた。

・皆さんの目の動きや、息づかい、汗のしずくも見れ、こちらにまで感情がひしひしと伝わりました。

・だんだんと作品の世界にひきこまれ、ただ伝えられるだけでなく、考える作品が新鮮でした。足音の響きがすばらしく、耳に残っています。

「水をめぐる3」
・言葉は強いです。石で作ったものでもいつかコワれる。言葉はずっと伝えられる丈夫なものだとあらためて思いました。昨日の2は工芸品を思わせましたが今日は神楽のようでした。哀しい道行かと思ってたら神楽で良かった。しっかり物語性を手放さないところが圧巻でした。

・土の匂いがしました。とても骨太だと思いました。

・新しい「水をめぐる3」も、いっぱい泣きました。時がたってうすれていったと思っていたものも、実はふれないようにそっとすみにおいてるだけなんだと思います。いっぱい伝えたいことも、そっと秘めて何かにしていきたいと思います。

・生きていくことは巡っていて、人とのかかわりも断つことはできない。私はここにいて、何かのつながりになっている、どこかの一部なのは消すことのできない事実なんだと思ったのです。

・2、3と見終わった今、人がいとおしい。

アンケートへのご協力、ありがとうございます。役者・スタッフ一同、必ず目を通して、稽古場本棚にて大切に保管しています。


明日は、福岡入り前の最後の稽古です!

2012年9月 1日 (土)

再開

再開
↑制作チームのホワイトボード。

「水をめぐる」稽古、再開しました。

なななんと、何ヵ所か「3」のせりふが変更になりました。

それにより、設定が変わったり、感じ方が変わったり。

役者たちは、せっせと頭の中のせりふを書き換えておりました。

そして、私は数日ぶりにあれを70分キープして、泣きかけました。…ほんとは平気だよ…


大浦

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ