« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月 3日 (月)

いよいよ今週末!はじまります!

永山です。

いよいよ今週末の7日(金)から、わたしが演劇ディレクターをつとめる宮崎県立芸術劇場の自主制作公演「演劇・時空の旅シリーズ」の第6弾「シラノ・ド・ベルジュラック」の上演がはじまります。

1
1_2


毎年、九州各地の俳優と1ヶ月の共同作業で古典作品を上演するこの企画ですが、今年は2010年に上演した「シラノ・ド・ベルジュラック」の再演です。
決して報われることはなくても、ひたすらに「愛する」ことをやめなかった、醜い鼻を持つ男・シラノの物語ですが、作者ロスタンが「英雄喜劇」としたように、切なさとともに、「笑う」ということも大事な要素になっています。
福岡の野口誠司さんの演奏する生のドビュッシーのピアノ曲も、ほんとうに劇場でしか味わえない感動を彩ってくれます。
何より、九州のトップレベルの俳優たちがすごい。
ほんとうに、自信作と呼べる作品になってきました。
宮崎3回、福岡3回だけの上演です。
どうぞ、ほんとうにお見逃しないよう、劇場でお待ちしています。

くわしくはこちらをご覧ください。

稽古の様子などはこちら

なにはともあれ、その日劇場でお会いできるのを楽しみにしています。

永山智行

« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ