2015年12月31日 (木)

忘れられないこと。

うたいはじめた このひとときも
いまはもう 過ぎてゆく
うたがおわる そのあとに
のこるものが あるだろか
だけど
うたう うたう うたう うたう
いまぼくは
だから
うたう うたう うたう うたう
ただうたう        

「うたがおわる」(詞・永山智行 曲・かみもと千春)


2015年が終わろうとしています。
昨日は劇団の忘年会でした。
ですが、今年という一年はほんとうに忘れがたい一年となりました。

なによりも劇団の25周年という年の新作「ただいま」で、全国各地に旅をさせていただいたこと、そこではじめて出会った人たち、久しぶりに再会した人たち、そして19回のひとつひとつの上演、そこで起きたことなど、そのすべてが、わたしたちにとってはかけがえのない思い出となりました。
いつか忘れてしまい、消えてしまうことなのかもしれませんが、それでも、いま、それは確かに忘れられないこととして、わたしたちの胸に、からだに深く刻まれています。
25年、という時間は、きっとそういうことなのだと思う。

旅を終え、帰ってきたいま、あらためてそこで待っていてくれて、「おかえり」と言ってくれる、三股の、門川の、そして宮崎県のみなさんがいてくれることを、ほんとうにありがたく感じています。

ごあいさつが大変遅くなりました。

劇団こふく劇場第14回公演「ただいま」、全公演を終えました。
ほんとうに、ほんとうにありがとうございました。
ほんとうに。

うたが終わったいま、ただ、みなさんの新しい一年が、健やかで、素晴らしい出会いに満ちた一年であるよう祈るばかりです。

また劇場で、出会い、再会しましょう。

ありがとうございました。

みなさん、よいお年を。

永山智行

Nagata_3

2015年8月17日 (月)

おめでとう。

Mimata3

Mimata1

Mimata2
「ただいま」三股公演より


永山です。

遅くなりましたが、第14回公演「ただいま」の初演となる、三股公演が終わりました。
ご来場いただいたみなさん、ご支援くださったみなさん、そして関わってくださったみなさんとそのご家族に心からの御礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。
何度言っても足りないのですが、本当に有り難いことだと思っています。

今回は25周年ということで、多くの方から「おめでとう」という言葉をいただきましたが、そうお声がけいただくたびに、なんだか気恥ずかしく、本当に祝うべきは、そんなみなさんが、無数の出会いと別れを繰り返しながら、今、生きていてくださっていることなのだと思っていました。
この25年は決してわたしたちのものではないのです。
あらためてここで、すべてのみなさんに、心からのお祝いを申し上げたいと思います。

おめでとうございます。
そして、ありがとうございます。

さて、いよいよ旅のはじまりです。
わたしたちのふるさと、三股からはじまったこの旅がどんな風に続いていくのか、それはまだわたしたちにもわかりませんが、ただ一日一日を丁寧に過ごしていけたらと思っています。
どうぞ、これからの旅もよろしくお願いいたします。

2015年8月17日
いわきにて
永山智行

2015年4月27日 (月)

「ただいま」稽古はじめました。

Img_3247

永山です。
ぼちぼちと「ただいま」稽古をはじめています。

足を地平につけること。
座ってことばを吐くということ。

まずはそんなことから。

Img_3260

今日はこの二人で稽古でした。

2014年5月 9日 (金)

うたうたう。

永山です。

秋の「こふくの小箱」ツアーに向けて、いろいろ試しています。

昨夜はこちら。

20代の頃、カクスコという劇団が大好きで、劇中で歌われるアカペラが、うまいわけではないのに、とても魅力的で、カッコイイと思っていました。
あれから20年、そのカッコよさにちょっと手を伸ばしてみたくなりました。
さて、どうなることやら。

終わったあと、みんなで話すことにしているのですが、その時間が、また面白いのです。
昨夜は、他者の音を自分の中に入れることの不自由と、やがてそのあとに生まれる自由について、話しました。
もちろん、結論などないのですが。
そんな時間、劇団という場所だからできること、ほんとうにありがたいことだと深く感じる25年目のこふく劇場でした。

2014年4月22日 (火)

あたらしい「おまつり」を。

永山です。

すっかりごあいさつが遅くなってしまいましたが、2013年度も、本当にありがとうございました。
たくさんの出会いに恵まれた一年でした。

さて新年度がはじまっています。
2012年度「水をめぐる2/水をめぐる3」
2013年度みやざき◎まあるい劇場「奏でる」
と、全国ツアーをしてきましたが、今年はちょっとおとなしめに活動していきます。

秋には昨年、三股のみで行った「こふくの小箱」という小作品集の公演を持って、車で各地にうかがえたらと思っています。
そこで生まれたものを、来年度、作品という形で結実できればと思っています。
今年は、その試行錯誤の年にできればと思っています。

…ということで、4月からこふくメンバーでの稽古は、みな、やってみたいことをやるという、行きあたりばったりのやり方でやっています。

前回は、小津安二郎の「麦秋」の1シーンのせりふの言い回しを完全コピーしてみるということをやりました。

そして昨夜。
Keiko20140421


あべさんの提案で、アフリカのダンスをやってみようということになりました。

ひとしきり踊ったあとで、現代のわたしたちの体のことなど、まあ、いろいろ話し、なんだか、地に足のついた、あたらしい「おまつり」をつくりたい、というようなことを思いました。

つい簡単に「お客さん」という言葉を、わたしたちは使ってしまうのですが、ひとりひとり名前を持った、顔の見える人たちと、ここにいることを、ともに祝えるような、そんな時間。
なんだかそんなものをつくりたいな、と改めて思った、新年度でした。

さて、これが来年、どんな作品になるのか、どうぞお楽しみに。

みなさんも新しい年度、すばらしい出会いにあふれた一年であるよう祈っています。

2013年11月16日 (土)

「奏でる」オリジナル・サウンドトラック発売開始!

みなさんお待たせいたしました!

みやざき◎まあるい劇場『奏でる』のオリジナルサウンドトラック(音楽:かみもと千春)が完成しました!

Cd

1. 時を/かみもと千春
2. 奏でる instrumental
3. 掘る男のうた/山室曹俉・井上大輔
4. 風玉 instrumental
5. オイモロシ/オイモロシンガース
6. 風男 instrumental
7. 蛸博士 instrumental
8. 風曳小学校校歌/平野今朝市・松下みどり
9. 風と線路/あべゆう
10. あなたに会う日/餅原奈々
11. 時を piano version/かみもと千春

全11曲入り
1,000円

ご希望の方は、まずメールにて枚数と連絡先をお知らせください。
折り返し入金方法などお知らせいたします。
なお、送料は別途いただきますのでご了承ください。

劇場での感動をぜひ、ご自宅でお楽しみください。

2013年6月 1日 (土)

ありがとうございました。

永山です。
ごあいさつが遅くなりましたが、まちドラ!2013、無事終了しました。
昨年にも増して、多くの方がよってたかってくださったおまつりになりました。
本当に、本当に、ありがとうございました。
では、言い尽くせないのですが、やっぱり、本当に、ありがとうございました。

昨日は、松岡優子+あべゆうの「或星」稽古でした。
稽古中に、来てくれた人。

Yamamu

子育て休団中の落合(旧姓:山村)悠です。
3月に生まれた、次女の凪ちゃんを連れてきてくれました。

こうしてみんなが遊びに来てくれるのが、本当にうれしいのです。

みなさんもぜひ稽古場に遊びに来てください。
お待ちしています。

2013年5月10日 (金)

ふたりの女優。

Aruhosi

今日はこのふたりの作品の稽古でした。

左は熊本のゼロソーの松岡優子さん。
右は、こふくのあべゆう。

わたくし永山は今回、構成・演出と、あと振付をします。
どうなるんでしょう???

8月あたりに熊本あたりで公演します。
詳細は、またこれからお知らせしていきます。

タイトルは

「或星」

といいます。

お楽しみに。

2013年4月16日 (火)

稽古、稽古、ひと、稽古。稽古場は静かに華やいで。

Fo

永山です。
ただいま稽古中です。

あべゆう(中央)も参加する「フォージョーキ」の稽古で、熊本のゼロソーの河野ミチユキくん(左)、と長崎のF's Company/RAWWORKSの川内清通くん(右)もこふくの稽古場にやってきました。

昨日は別の企画の稽古で、同じくゼロソーの女優・松岡優子さんも来てくれまして、夜には、「こふくの小箱」の稽古と、みやざき◎まあるい劇場「奏でる」の稽古も同時進行で行われました。そこにみまた座のMさんとHさんも見学に来てくれました。

こんなふうに、この稽古場があらゆるひとの出会いと交流と創造の場になること、ほんとうに昔夢見ていたことです。
相変わらず片付かない稽古場ですが、なんだか静かににぎやかで、うれしい時間になっています。

みなさんもぜひ稽古場に遊びに来てください。
お待ちしています。

2013年1月 3日 (木)

あけましておめでとうございます。

今年が、みなさんにとって、穏やかでいい一年になりますよう祈っています。

旧年中は、「水をめぐる2/水をめぐる3」ツアーなど、本当に全国のみなさんに支えられた一年になりました。
今、思いだしても胸が熱くなる出会いや再会ばかりで、そのひとりひとりに手を結んでお礼を言いたい気持ちになります。
なんど言っても足りないのですが、本当にありがとうございました。

劇団としては、今年はみやざき◎まあるい劇場の新作ツアーを予定しております。
その他、わたしたちのホームである、三股町、門川町での企画、小学校公演なども行っていく予定ですし、劇団員たちも、それぞれ個人活動を予定しているようです。
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。
また、みなさんとあちこちでお会いできるのを楽しみにしています。

劇団こふく劇場
永山智行

その他のカテゴリー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ